インドのマジシャン脱出マジックで行方不明、現場は水中だった?

みなさんこんにちは、hachiです。

 

インドで衝撃的なニュースがありました

 

水中脱出マジックをしていた

マジシャンがそのまま水中で

行方不明になったそうです

 

一体何があったのでしょうか?

 

まとめていきたいと思います

スポンサーリンク

脱出マジック

本名:チャンチャル・ラヒリ(40)

芸名:ジャルドゥガル・マンドレーク

 

 

ラヒリさんは

2019年6月16日

 

家族や報道陣が見守る中

そのマジックは行われました

 

ガンジス川の分流地点に

クレーンでつり降ろしてもらい

水中から脱出

 

するものだったらしいのですが

 

その時ラヒリさんの両手足は

ロープと鋼鉄の鎖で縛られた状態でした

 

本来なら水中から脱出するはずなのですが

 

ラヒリさんはそのまま

 

時間が経っても水中に上がってくることがなく

行方不明になっているそうです

 

21年前は成功していた?

ラヒリさんは、21年前にも同じような

マジックを披露していたそうです

 

錠のついた鎖で体を縛り

防弾ガラス製の箱の中へ

閉じ込められた状態で

川の中へ降ろしてもらい

そこから脱出するものだそうで

 

その時のマジックは

30秒足らずで脱出することができ

 

無事、マジックは成功したそうです

 

今回の意気込みは?

今回のマジックについて

ラヒリさんはコメントを

していたそうです

 

 

「もし鎖が解けることがあればこれは魔法だ。

しかし、もし解けなかったら悲劇だ」

 

マジック前の実際の画像がこちら

がっつり縛られています

 

 

現場の川はどこ?

ガンジス川ってとても大きいのですが

どのくらい大きいかというと

 

なんと日本の約5倍!

 

流れは比較的ゆっくりしているそうですが

 

現場とみられるコルタカという都市の側を

流れているのがガンジス川の支流である

フーグリー川というところです

 

 

上に写真に写っている橋を見る限り

ハウラー橋ととてもよく似ていますね

 

こちらが上空からの写真になります

 

えっっ。

川の濁りかた!

 

すごいですね。

これじゃ水中で周りが見えるかどうかよりも

はたして、目は開けられるのでしょうか?

 

この、ハウラー橋(Howrah Bridge)

正式名称は、Rabindranath Tagore Setu

 

コルタカの名物にもなっており

世界で一番往来の激しい鉄橋と呼ばれていたり

観光客もたくさんいらっしゃるようです

 

最後に

現在はインド警察が

懸命に捜索中している最中だそうです

 

ちなみに、現地の方達は

ヒンディー語でガンジス川の事を

 

「ガンガー」と呼ぶのだそうですが

 

これは川の女神の名前なんですって

 

どうか、ガンガーのご加護がありますように

無事に脱出できている事を祈るばかりです。

 

では、今回はこの辺で!

最後まで読んでいただき有難うございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは 【情報まとめも】を運営しているhachiです! コーヒーと植物と黄色が好きです hachiっていう名前は 自分の髪型が末広がりでおめでたいので 「八」からとりました 皆さんに役立つ情報を まとめていきたいと思います! よろしくお願いします!