パフォーマンスと睡眠の関係とは?睡眠のメリットいくつ言える?

みなさんこんにちは、hachiです。

 

朝になってもなんだか

スッキリ起きれない

 

朝から食欲がない

 

午前中出勤してから眠気が、、、

 

 

私たちは人生の約3分の1を

睡眠に費やしています

 

年数にすると約30年

 

 

みなさんは、眠るとき

意識して気をつけていることなどは

ありますか?

 

睡眠から得られるメリットを

知っていますか?

 

日中のパフォーマンスを上げるためには

まず、睡眠の質、パフォーマンスを

上げることも大切になってくるんですよ!

 

 

今回は、1日のパフォーマンスと

睡眠の質について

まとめていきたいと思います

スポンサーリンク

人生の中で私たちは30年間寝ている

私たちの平均睡眠時間を8時間として

私たちは人生の30年間ほど

寝ている計算になります

 

もちろん睡眠時間は人によって

変わってきますが

 

人生の3分の1を費やしたとしても

私たち人間にとっていかに

睡眠が必要であるのか

 

ということがイメージできますね

 

睡眠のメリットとは?

なんとなく

睡眠が大切なのはイメージが

湧きますが

 

具体的にどういったメリット

あるのでしょうか?

 

疲労回復

睡眠の効果として代表的なものは

疲労を回復させることです

 

睡眠は大きく

 

ノンレム睡眠(深い眠り)

レム睡眠(浅い眠り)

 

に分けることができます

 

ノンレム睡眠を

多く得ることができると

 

体内の回復や修復を

助けてくれるホルモンが

たくさん分泌されるので

代謝活動が良くなります

 

また、頭もリラックスできるので

 

自律神経が整えられ

 

ストレスに対しての

 

耐性が高まったり

回復効率が良くなります

 

体の疲れもそうですし

 

心の疲れにも

回復効果があるということですね

 

肥満防止

睡眠が十分得られることによって

エネルギー代謝を良くするホルモンが

活発に働き、太りにくくなると言われています

 

食欲をコントロールするホルモンが

きちんと働くことで

余分なカロリー摂取を防いでくれるうえ

体の代謝を良くする働きがあります

 

記憶力UP

1日寝てみたら

頭がスッキリしたという経験は

ありませんか?

 

睡眠で記憶力がUPする理由として

 

寝ている間に起きたことを整理して

記憶として脳にインプットしておく

働きがあると言われているからです

 

きちんと睡眠をとることは

いらない情報や体験を排除したり

大切な情報を保管したり

整理整頓してくれるので

 

記憶を十分に活用できる状態に

してくれるんですね!

 

美肌効果

「徹夜すると肌に悪いよ」

と耳にしたことありますよね?

 

その通りなんです!

 

寝ている間に成長ホルモンが分泌され

肌のターンオーバーをしてくれるからなんです

 

布団に入って寝始めてから

 

20~30分後に深い眠りの波がきます

 

このときに成長ホルモンが分泌

そして、肌を修復したり新陳代謝が

行われます

 

この深い眠りのパートが

多く取れるほど

成長ホルモンも分泌されるので

 

肌のターンオーバーが促進され

美肌効果あり!と言えるんですね

 

ストレス解消

心のストレスって解決したいと

思えば必ずしも解決できるものとは

限りません

 

十分な睡眠をとることは

脳内を休め、疲労をとってくれます

 

内分泌系のリズムも整えられるので

結果、ストレス解消に効果があります

スポンサーリンク

睡眠不足が起こすデメリットとは?

睡眠が十分でないと

 

食欲をコントロールする

ホルモンバランスが崩れます

 

食欲を上げるグレリンという物質が

多く分泌され

 

逆に抑制する働きのある

レプチンの量が減ってくる傾向にあるので

 

食欲が上がっている状態になるんですね

 

うつ病のリスクを上げる

睡眠不足や、睡眠のバランスの崩れは

体内時計を狂わす原因でもあります

 

私たちが普段起きている時は

交感神経が優位に働いていて

脳は緊張感を持った状態ですので

 

睡眠時間をきちんと確保できないということは

 

脳がリラックスできず、緊張している時間が

長くなり、精神的疲労が溜まりやすいです

 

これによって抑うつ状態による活動の低下への

リスクが増えてくるということです

 

生活習慣病のリスクが高まる

睡眠不足からくる不規則な生活は

体のリズムを壊す可能性が高くなります

 

自律神経のバランスを悪くしてしまうだけでなく

体の中のホルモン分泌に影響のある

内分泌系への影響も悪くさせます

 

起きている状態が長いため

 

体も頭も緊張状態で

ストレスがかかり

そこから発生する糖質コルチコイドという

副腎皮質ホルモンが過剰に分泌され

血糖上昇による高血圧や高血糖といった

生活習慣病が起こりやすくなってしまいます

 

また、これらが悪化すると

糖尿病や心筋梗塞、狭心症といったものに

なるリスクは高まると言われています

 

パフォーマンスを上げたいなら睡眠の質を上げろ!

さて、睡眠に関わる

メリット・デメリット

 

これらを並べてみてみるだけでも

 

日中のパフォーマンスと

睡眠がどれほど深く関わっているかは

想像できたかと思います

 

パフォーマンスを上げるために

具体的な作戦は大切です

 

しかし、そこを考えるのは

当たり前ですし

身についているかとは思います

 

もし、疲れて少しやる気が起きない

と感じた時に

 

やる気を出す方法を

探しているけど

なかなか改善しない

 

という場合なら

もしかしたら

 

・睡眠が足りてない

・睡眠の質が悪い

 

ということも考えられます

 

少しうえで述べたように

深い睡眠をとることで

 

ストレスを解消してくれたり

頭を整理してくれたり

する効果があるので

 

しっかり睡眠を取ることを

してから

 

パフォーマンスを上げるという

順番の方が自然ですね

 

最後に

睡眠は大切と言いますが

実際に

 

メリット・デメリット

をあげてみたり

 

そもそも、睡眠の意味を知ることによって

睡眠に対する考え方も変わってきますね

 

パフォーマンスを追求するなら

睡眠からもアプローチすると

良さそうですね!

 

では、今回はこの辺で!

最後まで読んでいただき有難うございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは 【情報まとめも】を運営しているhachiです! コーヒーと植物と黄色が好きです hachiっていう名前は 自分の髪型が末広がりでおめでたいので 「八」からとりました 皆さんに役立つ情報を まとめていきたいと思います! よろしくお願いします!