発酵食品は腸内改善に向いているの?

みなさんこんにちは!

hachiです☆

納豆、麹、醤油、味噌、粕漬、鰹節

 

日本にはたくさんの発酵食品が

昔から親しまれてきました

 

また、最近では菌活という言葉もあるように

発酵食品が体に良いと注目されています

 

同じ発酵食品にしてもどのような違いがあり

腸内にどういった働きがあるのでしょうか?

 

今回は、発酵食品と腸内改善について

まとめていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

発酵食品とは?

 

発酵食品とは食品の糖やタンパク質が

麹菌や乳酸菌といった微生物により分解され

別の食べ物に変化したものの事を言います

 

食べ物が腐る時と同じような工程ですが

発酵の場合、私たちが口にした時に

良いものか、悪いものなのかで変わります

 

発酵食品のメリットとは?

私たちが普段食事をして

食べ物を体に吸収するとき

体内にある酵素を使います

 

この酵素、1日で作られる量が決まっているため

消化するために酵素を使い過ぎてしまうと

体が酵素不足になってしまいがちです

 

酵素不足になると、ホルモンバランスが

崩れやすくなったり、代謝が悪くなったり

免疫力が弱くなったりしやすいと言われており

それが原因で体に不調が出てきてきたり

する可能性もあります

 

 

酵素は体の様々な場所でそれぞれの役割を持っており

唾液の中、胃液の中、膵臓の中など

新陳代謝を促したり、脂肪を分解したり

 

体に必要不可欠な機能ばかりです

 

 

発酵食品はすでに微生物によってある程度

消化が進んだ状態にあるので

 

元から体の中にある、消化酵素の

使う量を軽減することができます

 

体内にある酵素はどんなものがある?

洗濯物をする時「酵素入り洗剤」を

見たことがありますか?

 

洗濯洗剤に酵素が入っているのが良いのは

 

酵素が脂質やタンパク質を

分解する効果があり、汚れがよく落ちる

 

と言われているからなんですね!

 

では体の中の酵素にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

 

代謝酵素

消化酵素により分解されて体内へ取り込まれた栄養素で

体の細胞を作ったり、運動や呼吸

肌の新陳代謝などに欠かせないのが代謝酵素です

 

また、自然治癒力や免疫力にも関わっており、私たちが

生きる上でとても重要な役割でもあります

 

消化酵素

脂肪を分解するリパーゼ

 

タンパク質を分解するプロテアーゼ

 

デンプンを分解するアミラーゼ

 

があり、これらは食べたものを

分解して、体に吸収しやすいようにする働きが

あります

 

 

食物酵素

体内に元からある酵素でなく

食べ物に含まれている酵素です

魚や果物、野菜に含まれていますが

発酵食品にも多く含まれています!

 

この食物酵素は消化をサポートする

働きがあります

 

酵素にも好き嫌いがある

基質特異性といって、酵素にも好き嫌いがあります

 

脂肪を分解するのはリパーゼとういう酵素で

タンパク質を分解してくれるのはプロテアーゼという酵素です

 

それぞれに

分解する役割分担があるようなイメージです

 

潜在酵素

潜在酵素という言葉をご存知ですか?

 

代謝酵素と消化酵素は潜在酵素から作られています

 

そしてこの潜在酵素は人によって作られる量は違いますが

一生のうちに作られる量というのは既に決まっているのです

 

 

発酵食品が腸内に良いとされる理由は?

 

さて、上に挙げたように発酵食品には

酵素が含まれています。

 

発酵食品を摂るということは

酵素を摂るということなので

 

腸内改善に向いてると言えますね!

 

また、この発酵食品は手軽に

普段の食生活に取り込みやすいので

 

オススメ食材とも言えます

 

体内にある消化酵素を使うより

食材から摂取してしまえば、酵素不足に悩む必要が

なくなるかもしれませんね

 

善玉菌が豊富

発酵食品には、乳酸菌もたくさん含まれています

善玉菌は乳酸菌が好物なので

体内に乳酸菌が多いと善玉菌も比例するように

増えてきます

 

また、善玉菌は、外から侵入してくる

病原菌の侵入を阻止する免疫細胞を

活発にされる効果もあるので

 

発酵食品を、積極的にとるということは

腸内環境を整え、免疫力をUPして病気を予防してくれる

効果が期待できると言えるでしょう

 

一押し、発酵食品!納豆!

発酵食品で特にオススメしたいのが納豆です

大豆を発酵させたら納豆ができます

 

その時にできるナットウキナーゼという酵素が

血栓を溶かしてくれる効果があるとされています

 

納豆は栄養バランスが良く

イソフラボンやカルシウム、カリウム

マグネシウムなどのミネラル

抗酸化作用のあるとされるビタミンEも含まれています

食物繊維も入っているので便秘にも良いと言えるでしょう

 

だからといって

納豆だけ偏って摂り続けるのは

あまりオススメしません

 

腸内フローラは約100兆の腸内細菌が

バランスよく共存していて

多種多様な環境にあります

 

食事や栄養を取るときも

多種多様な食材から摂取すると良いと言われています

 

その際に、暴飲暴食はもってのほかです

スナック菓子やジャンクフードと言われるものは

悪玉菌を増やしてしまうことになるので

気をつけましょう

 

多種多様の意味を間違えないように!

 

最後に

どうでしたか?

発酵食品は体に

なんとなく健康的だな!

というイメージが

 

発酵食品の酵素や乳酸菌がポイントだった!

 

に変わったなら

 

腸活の道がまた一歩前進したのでは

ないでしょうか?

 

では、今日はこの辺で!

最後まで読んでいただき有難うございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは 【情報まとめも】を運営しているhachiです! コーヒーと植物と黄色が好きです hachiっていう名前は 自分の髪型が末広がりでおめでたいので 「八」からとりました 皆さんに役立つ情報を まとめていきたいと思います! よろしくお願いします!