腸内改善、悪玉菌の減らし方は?デメリットを意識した腸活方法まとめ

みなさんこんにちは!

hachiです☆

 

腸内改善の記事の多くはどうやったら

善玉菌を増やすのか

どんな食べ物をとったら、腸内改善に良いのか?

 

というものをよく見かけますが

 

どんなに良いものを食べていても

どんなに頑張って腸活をしていても

悪玉菌の数が善玉菌よりも多かったら

腸内環境は良いとは言えません

 

善玉菌を増やすのも良いですが

悪玉菌を減らすことにも目を向けてみると

良いですよ!

 

今回は悪玉菌が

私たちの体に及ぼすデメリット

 

そして、悪玉菌の減らし方などを

まとめていきたいと思います

スポンサーリンク

悪玉菌とは

私たちの腸内にはおよそ100兆の

細菌がうまくバランスを保ちながら

住んでいます

 

善玉菌が20%で悪玉菌が10%

残りの70%が日和見菌という割合だと

腸内細菌のバランスがとれているとされています

 

この悪玉菌が10%くらいなら

良いのですが、10%を超えてしまうと

日和見菌という、どっちの味方にもなる

細菌が悪玉菌に味方してしまい

結果、腸内細菌のバランスが崩れてしまうのです

 

悪玉菌が少ない場合は良いのですが

タンパク質をエサとして分解するときに

有害物質も一緒に作ってしまうのが問題なのです

 

腸内の腐敗を促してしまったり

発がん性物質との関係もあると言われています

 

悪玉菌が病気の原因となる可能性があるんですね

 

さて、まずは腸内細菌の悪玉菌について

どんなものがあるのか、みていきましょう

 

ブドウ菌

人間はもちろん動物や自然界に分布しています

 

吹き出物や手の化膿した傷などにいて

髪の毛や皮膚などもにいる場合があります

 

ブドウ菌は毒素を作る性質があり

100度の熱にも30分くらい生きていられます

私たちがよく耳にする食中毒はこれが原因で

起こるケースが多いです

 

ウェルシュ菌

動物や人間の腸管、土壌、下水道など広く生息している細菌で

熱に強い性質なので、加熱した食品を長時間保温されたところに

置いておくと増殖する可能性があります

 

大腸菌

私たちにとってほとんどの大腸菌は無害とされています

しかし、その中で5種類の大腸菌は病気の原因とされるものです

 

1)腸管病原性大腸菌

特徴:発熱、下痢

 

2)腸管組織侵入性大腸菌

特徴:発熱、血の混じった下痢、結腸の痛み

 

3)腸管毒素原生大腸菌

特徴:腹痛、水っぽい下痢

 

4)腸管凝集性大腸菌

特徴:小さな子供に多く長引く下痢

 

5)腸管出血性大腸菌

特徴:腹痛、下痢

 

特に、腸管出血性大腸菌は重症になった場合

危険な状態になるケースもあります

 

加熱しきれていない食肉が原因になるケースが多く

少ない菌の量で簡単に発症してしまうと言われています

 

食中毒だけでなく、他人やトイレなどからの

感染もありますが、消毒薬の使用や、しっかり

加熱することで菌を死滅させることは可能になので

予防策を覚えておくと良いですよ!

 

スポンサーリンク

腸管出血性大腸菌の予防方法とは?

2012年腸管出血大腸菌0157等が出てきてから、

食中毒の心配があるため、牛レバーの生食が

禁止(提供、販売)されたのも記憶に新しいですが

 

食中毒はどこにいても正しい処理をせず

生で食べてしまったりしたら

誰でも食中毒になりうるもの

なので気をつけたいですね

 

 

ここで一度予防策を見ておきましょう

 

・魚類や肉類の冷蔵、冷凍をしっかりする

買い物から帰ってきた後など、置いたままにしないで

すぐ冷蔵庫や冷凍庫に入れて、痛まないように気をつけましょう

 

 

・調理をしている時や、後など、食肉類に触った手はきちんと洗うこと

水洗いでは菌が落とし切れてない場合もあるので、洗剤や石鹸などで

洗いましょう

 

 

・調理する際に使う道具は洗う事、熱湯消毒がオススメ!

食肉を切ったまな板をそのままにして、次の食材を切ったり

しないことです、もし、食肉に大腸菌がついていたら

まな板を通して次の食材にくっついてしまうので

一度食肉を使ったまな板などは、洗うと良いでしょう

また、料理を作った後などは熱湯をかけて消毒するのを

お勧めします

 

・食肉は生で食べない。十分に加熱をすること

75度以上1分の加熱で死滅されるようですが

心配な方は漂白剤などを使っても◎!

 

・動物に触った後の手洗いを徹底する

腸管出血性大腸菌食中毒は人や動物の

糞や便に由来するので、食肉を加工調理した

人の手やまな板や包丁といった調理器具によって

菌が移ってしまった食品、十分に殺菌してない

井戸などの水が挙げられます

 

どこにどんな菌がくっついているか目で見ても

わからないので清潔に保つことが大切です

 

悪玉菌を増やさないためには?

悪玉菌を増やさないためには

悪玉菌が増えないような環境づくりが大切です

 

善玉菌を増やす上で大切なことは

善玉菌と言われる乳酸菌やビフィズス菌を

ヨーグルトや発酵食品などから摂取したり

これらの菌の好物である食物繊維やミネラルを

積極的にとったりするの良いのですが

 

悪玉菌の場合は悪玉菌のエサとなるものを

摂取しないようにする事が大切です

悪玉菌は脂っこいものや、肉などが好物です

 

と言っても、肉は大切な栄養素でもあるので

偏らない食事を心がけることも大切ですね!

 

また、ストレスを溜めてしまうことで

悪玉菌が増えるとも言われています

自律神経のバランスが崩れてしまうと

胃酸の分泌も悪くなってしまいます

そのため、食べたものがきちんと消化されず

腸の中で、腐敗物として溜まっていってしまうからです

悪玉菌の増殖を促進してしまうのです

 

 

最後に

悪玉菌が増えてしまうと体調不良や病気の

原因ともなり得ます

 

悪玉菌を増やさないためには

 

バランスの良い食事とストレスを溜めないことが

大切なんですね!

 

 

では、今日はこの辺で!

最後まで読んでいただき有難うございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは 【情報まとめも】を運営しているhachiです! コーヒーと植物と黄色が好きです hachiっていう名前は 自分の髪型が末広がりでおめでたいので 「八」からとりました 皆さんに役立つ情報を まとめていきたいと思います! よろしくお願いします!