腸内改善で水が大切!スムーズな腸活のために知っときたい事まとめ

みなさんこんにちは!

hachiです☆

 

 

体の調子がいいと

気分も上がりますよね!

 

体は資本です

 

毎日使うものなので

健康的でありたいですね

 

さて、私たちが体を作っていく上で

大切なものといえば

 

養分や筋肉、骨、腸や心臓

脳や皮膚と様々ですが

 

体の大部分を占めているものといえば何でしょうか?

 

 

水分です

 

体の約60%をしめており

乳児であれば約75%であると言われています

 

人間だけでなく、他の動物も植物にとっても

 

水は命の源です

 

しかし、どれだけの人が

意識的に水分を摂っているでしょうか?

 

水分補給は大切と言いますが

それはなぜでしょうか?

 

今回は知ってそうで知らない

水と腸の関係についてまとめていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

体内の水分の役割とは?

私たちの体の中の6割を占める水分ですが

どういった役割があるのでしょうか?

 

主な役割を見てみましょう

 

体温調節

 

水は蒸発するときに

熱を一緒に放出するので

 

私たちが暑いと感じたら

 

体は汗を出し、体内の熱を

外に放出することによって

 

体温を一定に保ってくれています

 

 

私達の体は平均36度前後に保たれているのですが

 

体温が2〜3度変わっただけでも

体調を崩しますよね?

 

ひどい熱が出て、免疫力が

下がってしまって

他の病原菌をもらって

 

さらに体調が悪くなってしまう

という場合もあります

 

場合によっては入院しなければならない

ケースもあるくらいです

 

体温調節は、私たちが生きていく上で

必要な機能ですが

 

体に排出する水分がなかったら

熱は外に行く事ができなくなってしまいます

 

体の体温調節ができなくなると

熱射病や熱中症の原因にもなります

 

血液

体の中の6割が水分と書きましたが

 

これをさらに

細胞外液と細胞内液の

2つに分ける事ができるます

 

この、細胞外液は体の中をめぐる

血液、リンパ液、細胞間にある

 

細胞間液で構成されています

 

 

血液は体全身へ吸収した栄養素や酸素

ホルモンなどを運ぶ重要な役割があります

 

 

血液の半分以上は血漿という液体で

この血漿の約90%は水からできています

 

血漿は体に必要な酸素や養分をこの水分に乗せて

全身へと運んでいます

 

なので水分が足りないと血液の血漿がうまくできず

 

体に必要な酸素や栄養分を

全身に運ぶ事が出来なくなります

 

 

 

老廃物を外にだす

老廃物を外に出すといったら

 

便として出すイメージがありますが

 

それだけではありません

 

 

私たちの体内では

 

食べた食材の栄養素を消化し

腸壁を通して

 

血液に乗せ全身に運んでいます

 

老廃物なども、血液に乗せてしまう事ももちろん

あるのですが

 

途中、腎臓で血液をろ過して

血液を綺麗にしてくれています

 

この時、ろ過の工程で出てきた

体に不要な成分は

 

尿として外に出ていきます

 

しかし、この工程がうまくいかないと

 

尿を排出できなくなります

 

よって、体に有害な物質を外に出しきる事が

できなくなってしまい

老廃物を体に蓄積させてしまうのです

 

ちなみに、成人の方であれば

 

一日約1リットル以上は

排尿したいと言われています

 

スポンサーリンク

体の6割が水分、便の8割水分

少し衝撃的なタイトルになってしまいましたが

 

便にもバランスの良い水分量が

あるという事をご存知でしたか?

 

ゆるい便だと9割が水分

健康な便だと8割が水分

便秘の便だと7割が水分

 

健康な便だと8割が水分で

残りの2割は、人によって違うのですが

主に、食べかす、消化・吸収されなかったものや

腸内の粘膜、腸内細菌などになります

 

ちなみに、排出された便の中1グラムに対して

腸内細菌が約1兆個も入っているんですよ!

 

さて、私たちの体の6割を占める水分ですが

 

水分が足りなくなってしまうと

 

老廃物(食物のカスなど)が乾きやすくなってしまい

腸の動きが鈍ってしまいます

 

また、水分は消化液としても毎日

大量に使われているので

 

水分補給は腸内改善をするうえでも

腸内環境を良い状態に保つためにも欠かせません

 

 

ワンポイントアドバイス!糖反射に注意

ちなみに水分を補給するときに

砂糖を一緒に取ってしまうと

 

糖反射といい

腸の動きが鈍ってしまうので

 

砂糖はなるべく避けたいところです

 

また、ジュースなどには

かなりの量の砂糖が入っているので

水分を補給する際は

お茶や白湯、普通の水道水などからとると

良いでしょう

 

水分を上手に取り込もう!

上にも述べた熱中症や熱射病をはじめ

水分不足は様々なトラブルの原因になり得ます

 

「なんだか喉が渇いたな〜」

と思った時点での水分補給は実は遅いんです

 

喉が渇いたよ!と体が注意のサインを出している状態なので

水分補給はこまめに取るようにしましょう!

 

また、激しい運動などで汗をたくさん流した時

 

体が体温調節に水分をたくさん使い

 

血液中の水分も

カラカラの状態なので

水分補給を忘れずに!

 

また、運動した後、リカバリーのために

良い食事をとったとしても

体が水分不足だと

 

栄養素を血液に乗せて、体に運ぶ事が難しくなります

 

運動前、運動中、運動後、少なくても

体の外に出ていった水分の量は

しっかり補給すると良いですね!

 

最後に

いかがでしたか?

 

ほとんどの方は水分が大切だと知っているのですが

 

水分がどういった形で私たちに体と関わっているのか

なんとなくイメージできたでしょうか?

 

体の約6割が水分と大半を占める分

それだけ重要な役割があり

体には不可欠なものです

 

水を上手に取り入れて

スムーズに腸活したいですね!

 

では、今日はこのへんで!

最後まで読んでいただき有難うございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは 【情報まとめも】を運営しているhachiです! コーヒーと植物と黄色が好きです hachiっていう名前は 自分の髪型が末広がりでおめでたいので 「八」からとりました 皆さんに役立つ情報を まとめていきたいと思います! よろしくお願いします!