アレルギーが辛い!食生活で改善できるの?腸内改善の効果とは?

みなさんこんにちは!

hachiです☆

 

近頃、健康ブームで

腸内改善」「腸美人」「腸活」

といったワードもよく聞くようになりました。

 

健康と美容のためにも意識したい腸ですが

 

実は、腸活をすることにより、アトピー性皮膚炎や花粉症などの

アレルギー症状改善の期待ができると言う事をご存知でしたか?

 

今回はこの腸活をすることによってどんなメリットがあるのか

まとめていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

アレルギー体質、もしかしたら腸が原因かも?

実は、アレルギーを持っている人は

腸が荒れていたり

 

腸内環境があまり

良くない状態の場合があります。

 

 

そもそも

身体の免疫機能が

正常に働かないことが

 

アレルギーを引き起こす

要因とされているので

 

私達の免疫機能は、腸内環境の

良し悪しと深く関連しているのです。

 

なので、アトピー性皮膚炎の

患者さんの中には

腸内環境が良くない人が

多いという報告もあるのも事実です

 

 

腸内環境を整える食事とは?

では実際どのように腸内環境をよくすれば良いのか?

 

 

私たちの体は、食べた物によってできます

なので、腸内環境を整えるために

きちんと普段の食事から、腸内環境を整える

効果のあるものを取りましょう

 

 

具体的に摂りたいとされているのが

くだものや野菜です

 

 

野菜に含まれる食物繊維は

アレルギー体質の人に多いとされている悪玉菌の量を減らし

善玉菌悪玉菌本来あるべきバランス

良い状態へと整えてくれる働きがあるのです。

 

 

くだものや野菜といった腸内環境を

良くするといわれている成分には

食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖、などがあるのですが

これらは、腸に住む善玉菌を増やし、悪玉菌の働きを抑えることで

腸の機能を正常に保ってくれるといわれているのです。

 

スポンサーリンク

乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖の食べ物って?

さて、この乳酸菌、主に

 

チーズ、ヨーグルト、納豆、カツオ節

味噌、醤油、お漬物、塩辛、お酢、など

また、ワイン、ビール、日本酒、ウイスキーなどの

アルコール類などにも豊富に入っています

 

 

オリゴ糖と食物繊維は、ライ麦、大麦、そば、オクラ、

かぼちゃ、ごぼう、インゲンマメ、切り干し大根、モロヘイヤ

ブロッコリー、たけのこ、ほうれん草、ひじき、こんにゃく

あずき、タマネギ、アスパラガス、バナナ

 

など、幅広い食品に含まれていますが、主に果物や野菜が代表的です

 

 

アレルギーとの付き合い方

近年、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患の

患者数は年々増加傾向にあり日本人で3人に1人は

アレルギーを持っているとされています

 

 

しかし、今のアレルギー治療法というのは

その病気を根本的に治すものではなく

出てきた症状を暖和させたり、軽減させるだけなので

根本的な体質の改善による予防や治療には至ってないのです

 

 

さて、粘膜や皮膚のアレルギーには様々な症状があるのですが

アトピー性皮膚炎や花粉症などが代表的なものに挙げることができます

 

 

これらは皮膚や粘膜が弱ってる時に、

アレルギー物質が接触することで炎症を起こすというものなので

皮膚や粘膜を清潔、丈夫にすることが効果的なんです

 

 

そこで、日常的に摂りたいのが、主に緑黄色野菜に含まれている

「カロテン」という栄養素です。

 

 

このカロテンは、体内でビタミンAに変化し

そのビタミンAは皮膚の組織や粘膜を強くする効果が期待できるのです!

ということは、アレルギー症状の改善に摂りたい食品とは

 

野菜、果物、乳製品、発酵食品ということになります

 

 

毎日摂るのが難しい?そんな方には!

 

しかし、現代では仕事やプライベートが

とても忙しい人というのも少なくないでしょう

普段の食事でいろいろな食品をバランスよく

摂取することって結構難しかったりしますよね?

 

 

そのような方は、青汁のようなタイプのものを

摂取してみるというのをお勧めします

 

正直サプリメントは怖い、、、

 

よく分からないものが

入っているんじゃないのかな?

 

と思う方って結構いらっしゃると思います。

 

 

しかし、青汁は薬ではなく食品なので

ほとんど副作用がないのです。

 

 

飲みすぎてお腹がゆるくなったり

とするという事はあっても

 

しっかり容量を守って使用すれば

何も問題はありません。

 

 

花粉症の薬などは

副作用による強い眠気が出やすい

タイプのものもあったりするので

 

運転をする方や、仕事の最中

大事なミーティングなどの時は

 

なかなか摂取しづらいですよね

 

しかし、青汁のようなタイプはこれとは違い

副作用による眠気や吐き気などがなく

時間や場所も選ばず

 

いつでも手軽に摂取することが

できるのも良いポイントですね!

 

 

青汁のデメリット

ここで一つ伝えておきたいのは、デメリットの部分です

 

青汁は薬ではなく食品なので

副作用がほとんどない分、即効性に欠けます

 

なので、例えば、1ヶ月程飲み続けてみて

少し調子が良くなってきたなと感じても

そこで飲むのをやめないで

継続して飲むのが良いでしょう

 

 

最後に

最近の青汁は以前と比べてたくさんの種類や

少し甘味を足したものなどバラエティーに富んでいるので

美味しく手軽に続けやすいですよね!

 

 

毎日、無理なく継続していくことが

腸活のポイントですね!

 

 

では、今日はこの辺で!

最後まで読んでいただき、有り難うございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは 【情報まとめも】を運営しているhachiです! コーヒーと植物と黄色が好きです hachiっていう名前は 自分の髪型が末広がりでおめでたいので 「八」からとりました 皆さんに役立つ情報を まとめていきたいと思います! よろしくお願いします!