腸で乳酸菌を増やす方法は?腸内改善を成功させるのは習慣がポイント!

みなさんこんにちは!

hachiです☆

 

 

最近、テレビや雑誌など様々なメディアで

腸内改善が注目されるようになってきましたね!

 

特に乳酸菌は腸にとって良い働きをするということは

皆さんも耳にしたことがあると思います

 

では、具体的にどのようにして乳酸菌を

腸内で増やしていけば良いのでしょうか?

 

今回は腸活のために

乳酸菌を増やす方法などについてまとめていきたいと思います

 

スポンサーリンク

口にするものを選ぶ

現代ではお腹が空いたら近くのコンビニへいけば

大抵のものは手に入るようになりました

その上24時間空いているので

好きな時間に好きな食べ物を

好きなだけ手にすることが可能です

 

忙しい人、時間のない方にとって

まさに救世主とも言えます

 

とても手軽ですし、便利ですよね

 

しかし、便利さの裏側を考えたことはあるでしょうか?

 

家でご飯を炊いたことのある方はイメージしやすいと思いますが

白米を炊いて、余ったご飯をそのままラップをしておいておくと

次に日にはどうなっているでしょうか?

 

サンドウィッチではどうでしょう?

パンは?

おかずやお弁当は?

 

ご飯はカチカチに硬くなってしまったり

パンもパサパサに乾燥しますよね

 

なぜスーパーやコンビニのご飯やパンは傷みづらいのでしょう?

 

傷まないようにしてあるからなんですね

発酵食品や乾物などでない限り

自然の力で傷まないようにするのは

 

難しいですよね?

 

大量の塩や酒などを使えば大丈夫だと思うのですが

 

少なくとも、ご飯やパンやおかずなどは

何日も保存することは

まずもって、とても難しいです

 

 

もしかしたら、化学合成添加物などを

使うことによって食べ物の寿命を

伸ばしているのかもしれませんよ

 

化学合成添加物などがどのように

体に影響を及ぼすかは

成分表をよく見て、自分の目で判断しましょう

もし、わからないことがあれば

インターネットで調べてみるといいですね

 

一言で添加物は体に悪い、自然のものが一番良い

とは、それぞれライフスタイルもあるので言えませんが

 

何事も、知らずにそのまま便利というだけで

気にしないのではなく

 

自分が口にするものは

自分の体に影響のあるものになってくるので

きちんと自己管理できるようにすると良いですね!

 

添加物を減らそう

化学合成添加物と言われるものの中には

食品の寿命を延ばす役割があるものがあります

 

これは、自然界にある腐敗菌というものを

殺す役割があるとされています

 

この腐敗菌をダメにすることで食べ物の

寿命を延ばすことができているんですね

 

しかし、この腐敗菌をダメにする化学合成添加物は

腸の中で他の細菌もダメにしてしまいます

 

これが添加物は体に良くない理由とされているんですね

 

悪玉菌をダメにする分には良いのかもしれませんが

善玉菌、悪玉菌、日和見菌

 

腸内にはおよそ100兆以上の細菌が住んでいるとされていて

そこに化学合成添加物が入り、菌をダメしてしまうので

腸内バランスや腸内フローラの調子が悪くなってしまうのです

 

乳酸菌を増やすためには?

腸内環境を良くするために

乳酸菌を増やしたいのですが

 

いくら、良い食材を摂取したとしても

その食材自体に化学合成添加物が入っていたら

どうでしょうか?

 

結局バランスを崩してしまうことに

なってしまうのかもしれません

 

ここでオススメなのが

 

あまり、加工されてない食材です

バナナやリンゴと言った果物や

野菜類、納豆やぬか漬けなどの発酵食品など

 

自然なものは体に負担がかからない上

余計なものが入っていないので安心ですね

 

特に乳酸菌を増やしたいなら

バナナやヨーグルトはオススメです!

スポンサーリンク

多種多様な腸内細菌

私たちの腸内には約100兆という

細菌が住んでおり、その種類も様々です

 

なので、全部の細菌がヨーグルトとバナナだけを

好物として生活しているわけではありません

 

多種多様な腸内細菌のためにも

私たち自身、多種多様な食材から栄養を摂取できると

良いとされており1日30品目を目安に

とるのが理想とされています

 

朝、昼、晩と単純計算してみても

1度の食事で10品目をとるのは

実は結構難しいんですよ

 

あまり意識してないのなら、なおさらです!

ちなみに私はよく、朝トーストとスクランブルエッグを

いただくのですが、これだけだと2品目だけなんですね

ということはお昼と夜に28品目分食べなければ

ならないんですね

 

それは少し大変なので

朝、トーストではなくご飯にして

わかめと豆腐とネギの味噌汁に

厚焼き卵、海苔を入れて

納豆をつければ7品目まで増やして

あげれば腸内細菌にも嬉しい朝ごはんになりそうですね!

 

腸内細菌の中で乳酸菌を増やすためには

悪玉菌を増やさないようにすることは大前提として

乳酸菌が喜ぶ食事、バランスの良い食事を心がけることから

始めたら良いと言えるでしょう

 

 

と言っても、急にガラッと食生活を変えるのは難しいですよね

 

まずは3食規則正しく食べることから

始めるのをお勧めします

 

時間がないからと食事を省いてしまうと

あとあとエネルギー不足になってしまって

近くのスーパーやコンビニで

済ませてしまったりしてしまいがち

 

まずはきちんと3食!

 

 

また、食べたものをメモしておくと

あとで見返した時に

どんな時にどんなものを食べているのかが

目に見えて確認できるので

 

問題点や改善点が明確に理解でき

良い参考になりますよ!

 

また、一言付け足して具合が良かった、疲れている時に

しっかり疲労回復の食材を摂取できた!

 

夜遅くに、スナック菓子を食べてしまった

など記入しておくのも良いですね!

 

3食ご飯を食べるリズムができてから

その一つづつの食事のクオリティーを上げていけば

食生活の改善につながりますし

食生活の改善は

腸内改善にも繋がってきますよ!!

 

最後に

 

腸に乳酸菌を増やす方法として

 

腸内環境を良い状態に保つ事!

 

そのためにも、腸のバランスを崩すようなものを

摂取しないように気をつけるということが大切と言えそうですね

 

また、具体的な改善方法としては

メモをしたり、目に見える方法で記録しておけば

あとで、見返した時に問題点や改善点がわかりやすいので

オススメです!

 

では、今日はこの辺で!

最後まで読んでいただき有難うございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは 【情報まとめも】を運営しているhachiです! コーヒーと植物と黄色が好きです hachiっていう名前は 自分の髪型が末広がりでおめでたいので 「八」からとりました 皆さんに役立つ情報を まとめていきたいと思います! よろしくお願いします!