麹は国菌、実は腸活にオススメな菌だった!和食は健康的って本当?

みなさんこんにちは!

hachiです☆

私たちの腸にはおよそ100兆個

と言われる腸内細菌が

生活しています

 

これらの集合体は

花畑のように見えることから

腸内フローラと呼ばれています

 

腸内フローラは大きく分けて

 

善玉菌、悪玉菌、日和見菌

 

の3つに分けられるのですが

 

善玉菌が2割

悪玉菌が1割

日和見菌が7割

 

の状態が腸内環境のバランスが良い

とされています

 

 

そこで今回は、腸内環境の

バランスを整えるために

 

腸内改善腸活をするうえで

ぜひ知っておいて欲しい

菌があります

 

国菌でもある糀です

 

皆さんは国を代表する菌が

糀だというのは

ご存知でしたか?

 

今回は糀(麹)と腸内改善について

まとめていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

腸活に超オススメな菌がある!

それは

 

糀菌(こうじきん)です

 

腸活をする上でとても大切になってくるのが

 

サプリメントや栄養ドリンク

 

・・・ではなく

 

 

バランスの良い食生活です

 

腸内細菌は生きているので

 

細菌の栄養素となるものを

 

いかに私たちが上手に

摂取できるかどうかがポイントです

 

腸内であまり増やしたくない

 

悪玉菌

 

これらの大好物の

添加物がたくさん入ったものや

砂糖や脂っこいものを

 

私たちが口にしてしまうと

 

腸内で悪玉菌がそれを食べ

元気になってしまいます

 

悪玉菌が優勢な状態になると

 

善玉菌にも悪玉菌にも属さない

 

日和見菌が悪玉菌の

応援をしてしまうので

 

腸内で悪玉菌が増えてしまうのです

 

しかし、この日和見菌は

悪玉菌、善玉菌

優勢な方の応援をするので

 

善玉菌を腸内で優勢にすれば

いいのです

 

ここで、皆さんにぜひ

オススメしたいのが

 

糀菌なのです

 

糀菌

糀には主に

 

米糀(こめこうじ)

麦麹(むぎこうじ)

豆麹(まめこうじ)

 

があります。

 

「麹」とも書きますが

こちらの漢字は元々

中国で使われていたもので

 

「糀」という漢字は

日本で作られ

 

コウジカビが米に花が咲いたように

生えるため、

「米」と「花」の漢字が合わさって

 

「糀」となったんですね

 

ちなみに中国では

麦を元に作られていたので

 

「麹」

 

と書かれたと言われています

 

「糀」と書いても

「麹」と書いても

同じ「こうじ」となりますが

 

「糀」は米糀のことだけを言います

 

国菌とは?

日本を象徴する花を

国花と言います

日本の国家は

 

菊と桜ですね

 

国鳥はキジです

国蝶はオオムラサキ

国石は水晶

 

なんとなく

わかりますか?

 

そうです。国の菌。

 

それがまさしく

糀菌なのです!

スポンサーリンク

和食では欠かせないのが糀だ!

日本の和食が

ユネスコ無形文化遺産

登録されたのも

記憶に新しいですね

 

和食といえば

 

納豆にお味噌汁

ご飯や魚

漬物、海苔

 

簡単にイメージしただけでも

味噌や漬物、納豆に入れる醤油

などに糀が使われていますね

 

和食は旨味・甘みがベースとなっています

 

旨味の元とされているのが

 

プロテアーゼといわれる物質です

これにはタンパク質を

分解する酵素が含まれています

 

甘みの元とされているのが

 

アミラーゼと言われる物質です

これにはデンプンを分解してくれる

酵素が含まれています

 

和食に欠かせない

醤油や味噌、味醂(みりん)

といった調味料にも麹菌が不可欠です

 

なぜ麹が腸活にオススメ?

さて、なんとなく麹がすごいのは

わかっていただけたでしょうか?

 

国を代表する菌が

あったことに

びっくりされる方も多いと思いますが

 

この、麹

なぜ、腸に良いとされているのでしょうか?

 

それはには麹に含まれる

プロテアーゼといわれる成分です

 

プロテアーゼは鶏肉や豚肉

牛肉などのタンパク質を

分解してくれるので

 

お肉が柔らかくなります

すると、消化が良くなり

スムーズに体へ吸収されるのです

 

また、プロテアーゼが

タンパク質を分解するときに

旨味の元となるアミノ酸となるので

 

お肉を麹に漬けて置くと

柔らかく、そして旨味もUPするので

美味しく、胃腸にも負担がかからないので

 

腸活には特にオススメなんですね!

 

腸に嬉しい効果がたくさん

麹には、食物繊維が入っていたり

米麹を発酵させる際に

お米のデンプンをオリゴ糖などに変え

 

自然な甘さを出してくれるので

 

体に負担をかけず、栄養価が高い

調味料ともいえますね

 

また、産生された

オリゴ糖は善玉菌の

好物でもあるので

 

腸内環境を整える食材として

期待できそうです

 

また、腸には免疫細胞の

およそ7割が集まっており

免疫力は腸で決まるとも

言われています

 

腸のバランスを整えることは

私たちの体のバランスを整えることにも

繋がっているといっても良いでしょう

 

麹は肌にも良い

麹菌が代謝される際

ナイアシン、パントテン酸

ビオチン、ビタミンB1

ビタミンB2、ビタミンB6

イノシトール

 

といった肌のターンオーバーを

促進させると言われている

ビタミン類が豊富に作られます

 

その証拠に、麹を元にした

化粧品などもたくさん

見かけますよね?

 

また、ビタミンB群は

疲労を回復してくれる

栄養素としても有名ですね

 

最後に

麹菌は腸内改善で特にオススメの菌ですね

腸内のバランスを整えてくれる上

肌にも良い、疲労回復も十分期待できる

 

麹菌は昔から日本人と共にあり

私たちの食生活には

欠かせないものなんですね

 

また、麹を使うことで発酵させ

日持ちさせたり、旨味をあげたり

 

国菌と言われるのも納得ですね!

ぜひ、国の菌、麹を上手に

食生活に取り入れ、健康的

腸活してみてはいかがでしょうか?

 

では、今日はこの辺で!

最後まで読んでいただき有難うございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは 【情報まとめも】を運営しているhachiです! コーヒーと植物と黄色が好きです hachiっていう名前は 自分の髪型が末広がりでおめでたいので 「八」からとりました 皆さんに役立つ情報を まとめていきたいと思います! よろしくお願いします!