白湯で腸内改善、メリットとは?

みなさんこんにちは!

hachiです☆

 

白湯が体に良いことは有名ですが

なぜ、体に良いのかご存知ですか?

 

今回は白湯からみる腸内改善について

まとめて行きたいと思います!

 

スポンサーリンク

白湯とは?

白湯(さゆ)沸騰させたお水のことです

 

元はインドの伝統医学の

アーユルヴェーダが起源と言われていて

 

白湯を作る際に関係のある

「火」「水」「風(お湯を沸かした際に出る気泡)」

を満たしていることから体に良いされています

 

日本だけでなく、海外でも白湯に対する認識は

健康的だとされているみたいですね!

 

白湯の腸内改善効果ってどんな感じ?

白湯を飲んだら、

腸が内側から温められ

 

血行が良くなり

 

腸の動きも良くなります

 

血行が良くなる事によって新陳代謝が上がり

 

肌のターンオーバーもスムーズにいき

美肌効果も狙えると言われています

 

白湯は余分なものが入っていないので

内臓を綺麗に洗い流してくれるのです

 

白湯にデトックス効果があると言われているのは

このためですね

 

なので、たくさんの刺激物や添加物を

とってしまっている方には

特にやってみて欲しい

腸活の一つでもあります

 

 

水を沸騰させるだけなので

安全に、安く

長く続けられるところも嬉しいですよね!

 

朝起きたら一杯の白湯

私たちが寝ている時

気づかない間に体の水分を外に放出しています

 

汗などもそうですが、呼吸からも水分を

放出しているんですよ!

 

その量約500ml〜1ℓ!!

 

なので、朝起きた時の体は

 

自分が感じているよりも

カラカラに乾いている状態です

 

体内が乾いているという事は

血管にも水分が少ない状態なので

血液がドロドロになってる可能性も

あるといえるでしょう

 

そうなると、代謝も悪くなりますし

 

目覚めもなんだか

スッキリしませんよね

 

なので、寝起きのお水で

体の中に水分を補給してあげたいところです

 

また、水を白湯にする事によって

 

腸を温め、代謝をあげ

体の内側から

 

気持ちの良い目覚めを

感じることができるはずです

 

スポンサーリンク

白湯の作り方とは?ポイントは?

お湯を沸かすだけで簡単にできる白湯ですが

作り方にもポイントがあるんですよ!

 

しっかり沸かすことが重要なので

沸かしている際、水が蒸発して少なくなる分

たっぷりのお水から沸かします

 

飲むときは、沸かしたてでなく少し温度が低くなって

から飲みます、温度の目安は大体50度くらいです

 

人肌より少し高めの温度ですね

 

飲むときは、一気にガブガブ飲むのではなく

冷ましながら飲むイメージです

 

また、白湯が体に良いと言われていても

取りすぎはむくみの原因にもなるので

一日の目安として800ml前後で

飲むようにしたら良いでしょう

 

白湯×おすすめアレンジ

 

 

初めはお湯だけだと、ちょっと飲みずらかったり

続きづらいかも…

という方は

少し味を変える工夫をすることで

続けやすくなると思います!

 

体内改善は習慣から変える事によって

効果が出やすいです

逆に、これをやったから劇的に良くなるという

のは少し難しいからです

 

体が食べ物を消化して、それを栄養とし

吸収して全身に運ばれ、私たちに血や骨になるまでは

やはり、時間が必要です

 

効果が出るまでは

継続させて、習慣化できたらBestですね

 

習慣化できる頃にはきっと

腸内環境も改善されているはずですよ!

 

白湯+レモン

白湯の中に薄くスライスしたレモンを一切れ

見栄えも良いし、柑橘系のフレッシュで爽やかな香りは

気持ちまで爽やかになりますよね!

 

唾液が出ることからもわかるように

消化を促進してくれる効果も期待できるそうですよ!

 

また、レモンはアロマの世界で

意識を高めて、記憶力や理解力

集中力をUPさせ、心を鎮めてくれるとも

言われています

 

薄くスライスしたレモンを

瓶などに入れて、蜂蜜を一緒に入れておくと

はちみつレモンになるので

白湯に入れても美味しそうですね!

 

私は薄くスライスしたレモンを冷凍して保存してます

沸騰したお湯と冷凍レモンを一緒にコップに入れたら

お湯も冷ましやすくなるので便利です

 

白湯+生姜

生姜は昔から私たちの暮らしと身近な

食材としてありました

 

お寿司の横についているガリのように食用として

冷奴やそうめんなどの薬味など

いろいろな使い方があります

 

また、ジンゲロールと言われる成分がたくさん

含まれていて、これには殺菌作用もあります

 

生姜風呂や生姜湿布などの使い方もあるんですよ!

 

生姜自体に体を温める作用がある上

白湯も内側から温めてくれるのでダブル効果で

体もポカポカしそうですね

 

作り方もとても簡単です!

すりおろした生姜や薄くスライスした生姜を

白湯に入れたらOKです

お好みで蜂蜜を少し入れても美味しそう!

 

白湯+ミント

鼻からすーっと抜ける清涼感のある

ミントは人気のハーブでもあります

 

リラックス効果があり

喉の炎症を抑える効果があると言われています

 

これをコップに2枚ほど入れて

お湯を注げばミント白湯です!

 

朝に飲んでみたい爽やかな白湯ですね

 

最後に

白湯のポイントはなんと言っても

安くて簡単なところではないでしょうか?

 

また、ダラダラ起きるのではなく

 

ゆっくりと白湯を体に入れながら

 

一日のプランを考える時間を

作ってみる事は

 

腸だけでなく精神的にも

バランスが整えられ

 

朝から気持ちの良いスタートを切れますね

 

では、今日はこの辺で!

最後まで読んでいただきありがとう御座いました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは 【情報まとめも】を運営しているhachiです! コーヒーと植物と黄色が好きです hachiっていう名前は 自分の髪型が末広がりでおめでたいので 「八」からとりました 皆さんに役立つ情報を まとめていきたいと思います! よろしくお願いします!