冷えが腸に悪い理由とは?クーラーの効きすぎお腹下す理由にびっくり

みなさんこんにちは!

hachiです☆

 

4月も後半に入り少しづつ暖かくなってきましたね!

これからの季節、こたつや暖房器具もしまって

冷房や扇風機が必要になってきますね

 

冷房が効いた部屋は最初は気持ち良いですが

長い時間いると、お腹を下してしまったり

痛くなってしまったりしますよね

 

よく、冷えはお腹によくない

腸に負担がかかると言いますが

それはなぜでしょう?

 

今回はなぜ冷えは腸の天敵?

さっそく、まとめていきたいと思います

 

スポンサーリンク

お腹を冷えると腹痛や下痢になるのはなぜ?

クーラーの効きすぎた部屋に長時間居たり

冷たいものをたくさん食べたり、飲んだりした時に

お腹が痛くなった経験はありませんか?

 

これからの暑い季節、腹痛や下痢知らずの腸で

快適に過ごしたいですね

 

なぜ、お腹が冷える

キリキリとお腹が痛くなってしまったり

するのでしょうか?

 

休みの日ならまだしも

会社で会議中やどうしても席を外せない時などに

急にお腹を下してしまったら大変ですよね

 

予防できるものならしたいものです

 

急にお腹を下してしまう体質だからと

諦めてませんか?

体に不調が出てくるときのほとんどは

理由があります

 

私たちの体温は常に

一定の温度に保たれており

 

 

暑かったら汗を出すことによって

体の熱を外へ放出させます

 

 

 

それとは逆にクーラーなどで

冷やされた空間にいると

 

体は「寒い!体が冷える!」

と熱を外に出さないように反応します

 

当たり前ですが、私たちの体は

私たちを守ろうとしてくれています

 

いくら頭で、クーラーの

効いた部屋は涼しくて快適だ!

 

と思っていても私たちの体は

 

寒くて危険!と察知するんですね

 

その次に何が起こるかというと

寒くて危険!と察知した体は

 

手足の先など、末端への体熱の移動を抑えて

熱が外に逃げないように指令を出します

 

また、熱の容量を下げることによって

体温がすぐに上がるようにします

 

簡単にいうと

 

寒い!危険!というサインを受け取ったら

手足の先への血の巡りをストップ

 

お腹など大切なところを

守るために温めようとするんですね

 

 

寒くなるとトイレが近くなるのも

 

同じように

 

水分を外に出してしまおう

としていると考えられます

 

お腹を下した際に手足

末端の冷えを感じるのも

 

体内から水を排出して

血の巡りをストップさせ

 

熱を体内に蓄えようと

しているためだと考えられています

 

腸は第二の脳

 

腸は第二の脳と言われる理由も

これをみたらわかるでしょう

 

体内から水分を排出することによって

温度を上げやすくしてお腹を守る

 

血中の水分を抜くことで

手先や足先の末端から体温を

 

放出させないようにしている

 

腸の蠕動運動をすることによって

熱を作ろうとする

 

私たちの脳では

 

クーラーは涼しくて

気持ちの良いものと

 

認識している方が

ほとんだと思いますが

 

体内ではその寒さにびっくりして

腸自ら、体を守らなきゃ!

と働いてくれているんですね

 

お腹が冷えた時に腹痛として

お腹が痛くなるのも

 

「お腹冷えているよ!危ないよ!気をつけて!」

とSOSのサインを出してるからです

 

私たちの体は私たちが

意識していなくても

 

休みなく、生きるために

必死に動いてくれているんですね

スポンサーリンク

お腹を下したら、痛みが伴う!

誰しも何度かは経験したことがあると思うのですが

お腹を下した時に、肛門周辺が痛かったりしませんか?

 

実はこれ、お腹を下した時に出てくる便が

アルカリ性だからと言われているからなんです

 

それもそのはず、アルカリ性は

 

私たちの体を作るたんぱく質を

溶かしてしまうので

肛門周辺のたんぱく質が溶け

ひりひりと痛むようです

 

また、トイレットペーパーなどの

 

使いすぎでも粘膜や皮膚が

荒れることによって

 

痛みがでてしまう場合もあります

 

気になる方は

アルカリ性の便を拭き取るだけでなく

 

ウォシュレットなどで

洗い流したら、良いでしょう

 

 

ちなみに、普段は腸内の

乳酸菌が酸を作って

 

アルカリを中和してくれているので

痛くないのです

 

乳酸菌は腸内にも

たくさん良い影響を

及ぼしてくれるものですが

 

他にも、そんな役割を

してくれていたんですね!

 

 

毎回トイレの度に

あの痛みが伴うのであったら

 

さすがに辛いですね

 

お腹を冷やさないためには?

さて、お腹が冷えることによって

 

腹痛になってしまったり

お腹を下してしまう

 

メカニズムが何となくイメージできましたか?

 

では、このお腹を冷やさないためには

どういったものが良いのでしょうか?

 

腹巻き

今は熱を逃がしづらい素材などで作ったものや

 

薄くてつけごこちの良い

 

おしゃれな腹巻きもたくさん出ていますね!

 

寒かったらつけるだけの腹巻きは

簡単なので良いですね

 

お白湯

人肌より少し暑いくらいのお湯をマイボトルなどに

入れて持ち歩いてはいかがでしょうか?

お腹を内側から温めるのと同時に

水分補給もできるのでダブルで嬉しい効果ですね!

ハーブティーなどもリラックス効果も期待できるので

オススメです!

 

クーラーなどの温度に気をつける

根本的な原因解決と言ったらこれですね

 

暑いとどうしても寒く設定しがちですが

 

人間が心地よいと思う温度は

25度前後と言われています

 

腸内環境を平和に保つためにも

 

それを下回らないような

温度設定をいつも心がけたいですね!

 

最後に

冷えが腸に良くないのは

体が一番わかってくれているみたいですね

 

そういったサインを見逃さないことは

 

腸内改善腸活をするうえで

大切になってきますよ!

 

では、今日はこの辺で!

最後まで読んでいただき有難うございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは 【情報まとめも】を運営しているhachiです! コーヒーと植物と黄色が好きです hachiっていう名前は 自分の髪型が末広がりでおめでたいので 「八」からとりました 皆さんに役立つ情報を まとめていきたいと思います! よろしくお願いします!