Q太郎の尻からサナダムシ?夏休みは寄生虫博物館に行ってみよう!

みなさんこんにちは、hachiです。

 

ハイキングウォーキングの

Q太郎のお尻から

サナダムシが出てきたそうです

 

サナダムシとは?

命の危険はないの?

寄生虫博物館でサナダムシが

見れるって本当?

 

まとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

サナダムシとは?

サナダムシとは寄生虫の一種です

サナダムシ(真田虫、条虫、絛虫)はテニア科や裂頭条虫科の扁形動物の総称。成体は全て寄生虫である。名前の由来は真田紐に似ていることによる。日本の古代には「寸白(すばく)」と呼ばれた。

長いと10m以上になるものも存在する。

10mってかなり長いですね

 

現物の画像は載せると

かなりグロテスクなので

載せられませんが

 

どうやら見た目は

真田紐という紐に似ているようです

(名前の由来もここからきているそう)

 

こちらが似ていると

いわれる、真田紐です↓

1センチ程の幅で

平たいですね

 

寄生虫のサナダムシも同じように

1センチほどの幅で平たく

紐のような形をしてます

 

今回、Q太郎さんが

見つけた時

『肛門から白い紐が出てきた』と

言っていたそうです

 

自分がその状態に陥ったら

間違いなくパニックになりますね

サナダムシは危険なの?

サナダムシは大きいもので10mくらいに

成長するため、健康に大きな影響があるとも

いわれてきたそうです

 

 

寄生者が宿主とし

健康を脅かすということは

自分自身をも危険にさらして

しまうことになるので

 

進化の過程で

そういったことが起こらない性質を

ある程度は身につけている

という記事を見かけましたが

 

ある程度というのは

なんともグレーな答えですね

 

とりあへず

いきなり症状が出て

倒れてしまったり

という事例が

あるわけではないみたいです

 

大抵、発覚するときは

今回のQ太郎さんのように

お尻から出てくるパターンが多いよう

 

もし、発見した場合はお医者さんに

見てもらうのが良いですね

寄生虫博物館にサナダムシを見に行こう!

できるなら寄生虫とは

遭遇したくないですが

 

少し、気持ちの悪いものって

見てみたい気もしませんか?

 

実は、今回ピックアップした

サナダムシを始め、その他たくさんの

寄生虫を知ることができる

寄生虫博物館たるものが

東京の目黒にあるので

 

気になる方は行ってみては

いかがでしょうか?

寄生虫博物館アクセス

住所:〒153-0064 東京都目黒区下目黒4‐1‐1

料金:無料

開館日:午前10:00〜午後5:00

休館日:月曜、火曜、年末年始

(月曜、火曜が祝日の場合は開館し、直近の平日に休館)

電話番号(音声案内):03-3716-1264

 

地図はこちら↓

 

最後に

Q太郎さんは近いうちに病院に行くそうです

本人もショックを受けたのでしょうか

なんとも言えない顔をしてます

 

早くスッキリできるといいですね!

 

ちなみに寄生虫博物館

無料なうえ、お土産コーナーもあるようです!

ちょっとした観光スポットにもなっているようなので

まだの方はぜひ!

 

 

では、今日はこの辺で!

最後まで読んでいただき有難う御座いました〜!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは 【情報まとめも】を運営しているhachiです! コーヒーと植物と黄色が好きです hachiっていう名前は 自分の髪型が末広がりでおめでたいので 「八」からとりました 皆さんに役立つ情報を まとめていきたいと思います! よろしくお願いします!